院内設備

|||CT装置
日立社製マルチスライスCT ECLOS(16列)を導入しています。この装置は一回の撮影で最大16枚の画像が得られます。短時間で高精細な3次元画像を作成することができ、診断精度が向上しました。また、バリウムを使わず、大腸や胃の内部を観察出来る仮想内視鏡の検査もでき、診断の幅が広がりました。 写真

|||MRI装置
横断像だけではなく任意の断面像を得ることができるため、肝臓や膵臓などの臓器や筋肉、皮下組織、脳・脊髄などに生じた病変の診断に向いています。日立社製のオープン型MRIを導入いたしました。圧迫感や閉塞感が少なく、狭いところが苦手な方や小児やご高齢の方でも安心して検査が受けられます。 写真

|||X線装置
胸部、腹部、整形領域などのレントゲン撮影の他、バリウムを使用した胃の透視検査、大腸の注腸検査などを行っています。
写真

|||PACSおよび検歴システム
最新の超音波装置を導入いたしました。近年、肝生検に代わり、超音波を使って非侵襲的に肝臓の硬さを画像にする方法(肝エラストグラフィ)が開発されました。当院ではいち早くエラストグラフィを用いた検査を行っています。
写真

|||超音波装置
最新の超音波装置を導入いたしました。近年、肝生検に代わり、超音波を使って非侵襲的に肝臓の硬さを画像にする方法(肝エラストグラフィ)が開発されました。当院ではいち早くエラストグラフィを用いた検査を行っています。
写真

|||生化学検査装置
血液中の様々な成分(酵素、蛋白、電解質、脂質など)を測定し、免疫検査装置と共に即日検査、即日診断に対応します。
写真

|||免疫検査装置
AFP・CEA・インスリン・TSH・HBs抗原など腫瘍マーカーによる各種腫瘍の推測、ホルモン系のバランスによる疾病や関連疾病の重症度推測、肝炎ウイルスマーカーによる感染の有無の確認を行います。生化学検査装置同様、通常であれば結果が出るまでに時間がかかりますが、当院では即日対応いたします。
写真

|||CAVI検査装置
CAVI(Cardio Ankle Vascular Index)検査は、「動脈の硬さ」を測定します。測定時の血圧の影響がなく、動脈の硬化度を測定する事が可能です。大動脈を含む心臓から足首までの動脈硬化の測定が可能です。
写真

|||脳波検査装置
脳が出す微弱な電波を測定します。CTやMRIなどの画像診断では捉えられない、てんかん・意識障害・脳腫瘍など脳の異常を見つける事ができます。神経内科の医師による専門的な検査・診断を行っています。
写真

|||末梢神経伝導速度検査
しびれ感、痛み、力の低下、ふるえ等でお困りの患者さんに対し、その原因を発見するために行なう末梢神経の機能検査です。皮膚の上から電気刺激を与え神経の活動電位の伝導の仕方を測定する事により障害の部位、程度を推測します。
写真