トップページ > スタッフのご紹介

医師の紹介Staff

病院院長・副院長

  • 院長(理事長):相川 達也
  • 副院長:相川 礼子

相川 達也Tathsuya Aikawa

サンプルイメージ
ご挨拶

  私は、本院開設25周年 にあたり、ここに掲げた院是を病院の憲法として医療をすすめて行きたいと書きました。早いもので、今度は30周年 にあたってのご挨拶を申し述べることとなりました。私たちの憲法である院是の精神がこれまで活かされ、患者さん の診療方針を立てる上での心棒になってきていたかを検証する作業を続けていきたいと思います。振り返りますれば、 開院当時、世間は医師の倫理について喧々囂々の議論がありました。この院是が医療にたいする社会の風潮を意識し たものでもありましたが、この精神の原点にはヒポクラテスの医の倫理思想を見据え、わが国の近世洋学の流れを 汲んでつくりあげたものであります。一部の愚昧な政治家が自主憲法などと騒ぎ立てていますが、われわれは自主 という言葉の罠にかかることなく、世界人類文化が到達した普遍的精神に基づいた現憲法をしっかり活かす日常の 仕事を成し遂げていきたいと考えます。世は今や、医療を経済の下僕としてぬかずかせ、利を貪るものたちによっ て、貴重な国民の財産である医療制度は壊されています。医の倫理を語る為政者はありません。自主憲法を称揚す る為政者たちによって保険医療は崩壊に直面して、患者さんの経済的苦しみが増し、医療を受け難くなってしまい ました。私は、今こそ、30年、当院の活動の鏡となってきた院是をかかげ、職員と一丸となって患者さんとともに 医療を守っていきたいと考えています。

医療法人 社団 相川会 理事長
相川内科病院 院長

相川 達也
________________________________________________________________________________________

院長 相川 達也(あいかわ たつや)経歴

昭和35 東北大学医学部卒業
昭和35 桐生厚生病院にて1年間の実地修練生
昭和36 医師国家試験合格
昭和36 東北大学医学部第一内科大学院医学研究科
昭和41 東北大学医学部助手昭和42医学博士学位取得
昭和45 寿泉堂総合病院胃腸科部長・日本内科学会東北地方会評議員
    日本消化器病学会東北地方会評議員
昭和49 国立水戸病院消化器科医長
昭和61 厚生省B型肝炎研究班班員平成01水戸市医師会理事
平成02 日本肝臓学会東部会評議員
平成05 日本医師会学術最高有功賞
    (水戸市医師会肝炎対策委員会として受賞)
平成06 東北大学艮陵同窓会「高橋記念賞」受賞
平成14 第27回日本消化器病学会関東支部市民公開講座世話人

ページトップへ戻る

院 是

本院は、医学の中枢たる内科学の専門病院として広く斯学の俊才を集め内科学を講じ、研鑚に励み、職員一致して
その成果を病者への奉仕に役立てることを目的とする。
このため、われわれは

1.病者を正鵠となし、決して営利を目的とせざること
2.病者の記録を精密になし、保存し、常に新知識の下に検討し、成果を報告すること
3.職員はその持場毎にそれぞれの専門職分においてよき病者の相談者であること
4.地域の変動する疾病状況に常に着目し、公・私の医療・福祉の組織と協力すること
5.本院で知り得た情報を来院者並びにその家族へ広く伝えること
6.病者に対しては貴賎貧富の差別をなさざること
7.病者の費用は少なからんことに意を用いうること
8.職員は常に篤実温厚を旨とし、知り得た病者の秘密を決して漏らさざること

とし、以上八つを基本理念とする。

ページトップへ戻る

医師紹介Docter List

相川達也

相川 達也
院長
消化器内科 肝臓専門医

相川礼子

相川 礼子
副院長
循環器内科 放射線科
















正田純一

正田 純一
非常勤
肝胆肥満外来

千葉俊也

千葉 俊也
非常勤
消化器内科
















大河内信弘

大河内 信弘
非常勤
腹部腫瘍外来

上野友之

上野 友之
非常勤
神経内科
















相澤哲史

相沢 哲史
非常勤
神経内科

長田道夫

長田 道夫
非常勤
腎臓内科
















石川博道

石川 博通
非常勤
泌尿器科























ページトップへ戻る
Copyright(C) 医療法人社団 相川会 All Rights Reserved.