メニュー

すい臓の病気(膵炎・膵のう胞・すい臓がんなど)

膵臓は胃の後ろあたりにある、長さ約20㎝ほどの臓器です。膵臓は十二指腸まで膵液を送り込みます。膵液に含まれる消化酵素によって消化を助けます。また、血液の中にホルモンを送り込む作用もあります。インスリンなどのホルモンを分泌することで血糖値の濃度を一定に保つための役割をしています。膵臓に異常があると、主に急性膵炎、慢性膵炎、膵のう胞、膵臓がんなどを引き起こします。膵炎はアルコールの過剰摂取や暴飲暴食、喫煙などの生活習慣が原因で起こりやすくなるため、日頃の生活習慣の見直しが必要です。

主な膵臓の病気

急性膵炎

急性膵炎の主な原因はアルコールの多量摂取です。次に胆石や高脂血症などが膵液の出口を塞いでしまうことも原因とされています。アルコールや胆石などで急激に膵臓に炎症が起こる病気です。もともと高脂血症や胆石を持っている方がアルコールを摂取した時に腹痛が起これば急性膵炎の可能性があります。

慢性膵炎

慢性膵炎は主に長期間のアルコールの摂取によって、消化酵素が活性化されて自分の膵臓組織を溶かしていってしまい、すい臓の機能が低下する病気です。男性は飲酒が原因のことが多いのですが、女性の場合には原因不明の突発性膵炎が多いようです。慢性膵炎はゆっくりと進行していく病気で、初期の頃には気がつかず、糖尿病や消化不良などから慢性膵炎と診断される患者様もいらっしゃいます。放置しておくと糖尿病を悪化させたり消化不良をともなう下痢など引き起こします。またすい臓がんのリスクにもなるので早め治療しましょう。

膵のう胞

膵のう胞とは膵臓の内部や周囲にできる水を含んだ袋状のものです。大きさは様々でほとんどが無症状のため腹部超音波(エコー)検査やCT、MRIなどの検査で偶然に見つかることが多い病気です。なんらかの炎症でできた「炎症性膵のう胞」は良性のもので経過観察しておいても良いのですが、「腫瘍性膵のう胞」ですと手術が必要になります。どちらの膵のう胞であるのか、正確に診断するために各種精密検査をする必要があります。また良性の膵のう胞と診断されたものでも時間の経過とともに悪性化する場合もありますので、一度膵のう胞を診断されたら定期的に必要な検査をしていくことが大切です。

すい臓がん

すい臓がんは早期発見が難しく、黄疸や腹痛、腰痛などの症状が現れた時にはすでにステージが進行していることが多いです。原因は喫煙や肥満、遺伝的なものや慢性膵炎とか様々な要因があげられていますが、直接的な原因は不明です。治療は手術療法、放射線療法、化学療法といったがん治療に即したものになりますが、初期のすい臓がんを発見するのは難しいことから、これらの手術をしても術後の生存確率は非常に低い病気です。

膵臓の病気の症状

膵臓は肝臓と同じようにサイレントキラーと言われ、初期症状には気がつかず、自覚症状が現れてからはかなり病気が進行しているといわれるまさに「沈黙の臓器」なので注意が必要です。主な症状としては上腹部みぞおちのあたりが痛み、嘔吐を伴うこともあります。発熱を伴うこともあります。背中や腰の痛みや黄疸が見られることもあります。

膵臓の病気の検査

血液検査では体内に炎症が起こっているかの確認をします。腹部エコー、腹部CT、MRI画像でさらに詳しく検査します。最初に必要な検査の方法は大きな病院と同様にできるのが当院の特徴でもあります。
最初の検査として必要な検査は大きな病院と遜色なくできるのが当院の特徴でもあります。

当院での腹部エコー検査

肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓の異常がないかを調べる機器です。胆石、ポリープ、のう胞、腫瘍などの特定の部位に限られた病変、脂肪肝、慢性肝炎などのびまん性疾患、各臓器の形などの検査をします。みぞおちから脇腹にかけて皮膚の上から専用の機器で超音波を当てます。腹部エコーは被曝のリスクがなく体に優しい検査です。

当院での腹部CT検査

腹部CT検査では見えにくい深部を検査することができます。悪性腫瘍の有無、どれくらい進行しているか、腹部リンパ節への転移などもわかります。撮影時間もMRIに比べると1/3程度で簡単に検査できるのですが、放射線リスクは避けられません。

膵臓の病気の治療

膵臓の疾患は早期に発見されることが望ましいのですが、通常の内科のみを受診しているとなかなか早期の発見が難しいことが多いのです。当院の医師は膵臓の専門でもありますので内科の受診時に絡めて膵臓を診ることができます。そのため、いち早く適切な治療を開始することができます。

治療方法は患者様の原因により様々ではありますが、例えば初期の軽い膵炎の場合にはアルコールの摂取を控える、禁煙をする、数日間の断食などで改善することもあります。炎症を抑えるための内服薬などの薬療法もあります。糖尿病を併発してしまっている場合にはインスリン療法も行われます。膵臓がんなどの重篤な病気の場合には手術など可能な病院をご紹介します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME