メニュー

循環器内科の診療(高血圧・不整脈・心不全・狭心症・心筋梗塞など)

循環器内科とは

循環器内科では血管や心臓の病気を治療します。

具体的には高血圧・不整脈・心不全・狭心症・心筋梗塞や心臓弁膜症といった病気に対応しております。人間ドックや健康診断で糖尿病や高血圧、不整脈などを指摘されるまでなんの症状もなかったという方も多いと思います。循環器系の病気は年齢や生活習慣によって疾患リスクは高まります。体の違和感にも慣れてしまって気がついた時には手遅れになってしまうこともあります。動悸や息切れといった症状から胸部圧迫感・強い胸部の痛みやむくみといった症状がある場合には自己判断を避け、一度循環器内科へお越しください。

診療予約方法・外来診療予定表

循環器内科の主な病気と検査

狭心症

心臓の筋肉である心筋に酸素や栄養を送り続けるための血管が冠動脈です。この冠動脈が動脈硬化により細く狭まったり、異常収縮により、血流がうまく流れず酸素が不足することで胸部に痛みや圧迫感を生じる疾患です。肥満や糖尿病、高血圧、だけでなく喫煙、アルコール多飲、ストレス、寒冷などが原因としてあげられます。狭心症の中には仕事や激しい運動に伴って起こる労作性狭心症や心筋梗塞に移行しやすい不安定狭心症などいくつかのタイプの他に無症候性心筋虚血といって、冠動脈の狭窄があるのに全く症状のないタイプもあり、危険な状態です。

心筋梗塞

心筋梗塞は突然死の原因にもなり日本人の死亡原因の上位にくるものです。心臓に酸素と栄養を送る冠動脈の壁にプラークなどが詰まり完全に心臓に酸素が行き渡らなくなり心筋が壊死を起こします。強烈な痛みに襲われ、安静にしていても痛みが続くことがあります。痛みが治まったとしても放置すれば死に至ることもありますのですぐに受診しましょう。

高血圧

高血圧は血管にとても負担がかかった状態です。診断の基準は140/90mmHg以上、家庭血圧では135/85mmHg以上となっています。血圧はかなり変動しますので(日内変動)、一回の測定では判定できず、ご家庭で毎日の記録を取ったり、24時間血圧計で血圧日内変動異常などをチェックして診断し、投薬内容などを検討します。高血圧は加齢、塩分の取りすぎやストレス、喫煙、肥満などが原因といわているため、生活習慣の見直しで改善されることもあります。また高血圧を放置しておくと動脈硬化、心不全、脳血管障害、腎臓病などを引き起こしやすくなります 

不整脈

脈の打ち方が乱れ、速い遅いを不規則にくりかえすものもあれば、通常よりも速すぎる「頻脈」、遅くなる「徐脈」などがあります。病気によるものもありますが、ストレスや疲労などでも起こることがあります。ご自身の不整脈がどのような不整脈なのかを知ることが必要です。心電図検査では、不整脈あるいは前述した狭心症の時にも24時間心電図(ホルター心電図)を装着して検査します。これにより、重大な不整脈やブロック、心停止、狭心症などが発見でき、早期の治療につなげていくことができます。

心不全

心不全は高血圧、心筋梗塞、心筋症、心臓弁膜症、不整脈などの様々な心臓の病気が原因で引き起こされる状態のことです。心不全は心臓のポンプ機能が低下することによって全身に血液が行き渡らなくなってしまいます。「急性心不全」と「慢性心不全」に分けられます。急性の場合には労作時の息切れ、起座呼吸、下腿のむくみなどがありすぐに気が付きますが、慢性の場合には気が付かないことも多く、特に高齢者では、だるさ、夜間多尿だけのこともあり注意が必要です。心不全の状態になった時には必ず原因があるので循環器科の診察をして適切な治療をする必要があります。

動脈硬化

血管が硬くなり、血管の収縮運動がスムーズに行われなくなり、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす原因となります。動脈硬化は加齢、肥満、ストレス、喫煙、運動不足などの生活習慣が原因とされています。食生活をはじめとした生活習慣を見直し、コレステロール値、中性脂肪値などや血圧を下げることが動脈硬化の予防に繋がります。

心臓弁膜症

心臓内には4つの弁があります。(三尖弁・肺動脈弁・僧帽弁・大動脈弁)の4つです。この弁に様々な原因で障害が起きる状態をいいます。弁の開きが狭くなっておこる「狭窄症」は血液の流れが滞り、弁が閉じない「閉鎖不全」は血液が逆流してしまいます。高齢の方に発症するのは大動脈弁疾患です。特に大動脈狭窄症は近年増加していますが、初期から中等症では無症状のことも多いのですが、進行すると動悸や息切れがみられます。聴診では雑音が聴取されるようになりますが、確定診断には心エコーが必要です。

循環器の病気の症状

循環器内科で診療する病気は上記の他にも多岐に渡ります。それぞれの病気によって症状も異なりますが、心臓が何かしらのトラブルを抱えている時には主にドキドキする、胸が重苦しい、締め付けられる、背中の痛み、突然脈が乱れる、手足のむくみ、痺れなどがあげられます。これらの症状が常になくたまにあるという場合でも何かしらの病気が隠れていることもあります。一度詳しい検査をすることをおすすめします。

循環器内科の検査

心電図(安静時)

心電図は循環器内科の代表的な検査です。心臓に流れている電気的な反応を波形で表すことで、心拍の乱れなど多くの情報を知ることができます。但し、検査時間も短いため、突然発作が起こる不整脈の診断には安静時のみでなく、前述したホルター心電図が必要となります。

超音波(エコー)検査

超音波(エコー)検査では心臓の内部の働きを確認できます。血液は順調に流れているのか、筋肉の肥大はないか、弁膜症の有無など細かく皮ふの上から調べることができます。この検査は痛みも伴わず被曝もしないので体に優しい検査です。

循環器内科の治療

内服薬の治療や食事指導、生活習慣の指導を主体的に行いますが、カテーテル検査や手術療法が必要な患者様にはより専門的な医療機関へとご紹介いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME