メニュー

肝臓内科の診療

肝臓の病気

肝臓はお腹の中でも一番大きな臓器で重さはおよそ1kgあります。肝臓には健康を維持するための大変重要な役割があります。食べ物の栄養素を貯蔵し代謝する働き、アルコールや有害な物質を解毒する作用、脂肪の消化を助ける胆汁の生成分泌の働きがあります。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれますが、その名前の通り自覚症状もないまま病気が進行していることが多いのです。黄疸などの症状が現れる頃にはかなり病気が進行している状態です。肝臓の状態は血液検査でもわかりますので、定期的な健康診断、人間ドックの受診は早期の異常を発見するためにもとても大切です。

肝機能障害

肝機能障害の一つである肝炎の原因として、最近注目されているのがNASH(ナッシュ)と呼ばれるお酒を飲まない人でも起こる肝機能障害です。

肝炎の中には、何らかのなんらかのウィルスによって肝臓が炎症をおこす肝炎、A型、B型、C型、E型肝炎の他にアルコールを大量に摂取することで起こるアルコール性肝炎が代表的にあげられます。 肝炎は発熱、黄疸、全身の倦怠感などの症状があらわれます。
肝炎を放置しておくとやがて肝硬変や肝がんに進行します。肝硬変は肝細胞にダメージを受けて硬くなってしまい、機能しなくなる病気です。疲れやすく食欲不振が初期症状ですが、進行していくと黄疸、腹水がたまる、吐血など症状があらわれます。肝硬変は肝炎の治療を怠って放置することでもなるので早めの治療が大切です。肝臓がんも肝炎ウィルスとの因果関係が濃いと言われています。進行するとお腹の張り、痛み、しこりなどの症状があります。

肝炎を診断された時はすぐに専門医のもと治療を始めることが大切です。

肝臓の病気の検査

肝臓の病気の検査は血液検査と画像検査を行います。血液検査ではウィルスの有無や種類、肝臓の機能が低下しているかどうかなど調べます。超音波(エコー)検査で炎症の箇所や程度を確認します。エコー検査は被曝することのない体に優しい検査です。より詳しく検査をする必要がある場合にはCT検査、MRI検査を行います。当院ではその都度患者様の状態を考慮して的確な検査方法を行なっていきます。

肝臓の病気の治療

肝臓の病気の治療にはそれぞれの原因に基づいた治療方法になります。例えば、ウィルス性の肝炎である場合にはインターフェロン療法を用いてウィルスの増殖を抑えたりします。アルコール肝炎では禁酒が重要です。肝硬変においても肝臓がんにならないように肝機能の改善薬や抗菌剤などの服用と同時に生活習慣を見直します。

また、患者様の病態に応じて、炎症の程度や年齢、合併症など様々なことを考慮した上で的確な治療を行います。当院では炎症に伴った治療はほぼ全て大きな病院と同程度のものができます。肝臓がんの場合の肝切除、移植、ラジオ波焼灼療法などの穿刺(せんし)療法、肝動脈塞栓術は当院より専門の病院に紹介いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME