メニュー

胃・十二指腸の病気(胃炎・胃潰瘍・胃がん・十二指腸がんなど)

胃の病気はストレスや精神的な要因も大きく関わっているとされ、日本において胃・十二指腸に何かしらの疾患を抱え、受診、治療している人は相当多く、100万人以上いるとも言われています。

胃・十二指腸の病気ではヘリコバクターピロリ菌(いわゆるピロリ菌)という菌がトラブルを起こす要因ということもわかってきて、除菌することで改善されることもあります。胃・十二指腸の病気はわかりやすい症状がある場合が多いのですが、全く症状がなく放っておいて便に血が混じってからやっと受診するという人もいます。大事に至る前に適切な検査をして治療することが大切です。

胃・十二指腸の病気の症状

空腹時に感じる痛み、みぞおちが痛む、キリキリとした痛みなどの症状があります。特に多い自覚症状はみぞおちの痛みです。 また、胸やけ、胃もたれ、吐き気、嘔吐、食欲不振を伴うこともあります。潰瘍が進行した場合には出血、嘔吐や下痢、タール便といってどす黒い便が出ることもあります。

胃・十二指腸の主な病気

胃と十二指腸の主な病気としまして、急性胃炎・慢性胃炎などの胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、十二指腸がん、胃ポリープなどがあります。

急性胃炎

胃の内側の粘膜のただれによって、急激な腹痛や胃の不快感、吐き気などの症状を引き起こしたり、みぞおちが急にキリキリと痛むことがあり、重症化した場合は吐血や下血を生じることもあります。原因としては、暴飲暴食、ストレス、生活習慣の問題やアレルギー、ピロリ菌による場合など様々です。

慢性胃炎

胃もたれ・胃痛・吐き気・胸焼けなどの症状があり、そのまま放置すると胃潰瘍に進行してしまうケースもあります。原因の8割はピロリ菌に感染したことにより、胃炎が慢性化した状態となります。

胃潰瘍

症状で最も多いのは、みぞおちの痛みです。その他に胸やけ、吐き気、嘔吐、食欲不振などの症状がある場合があります。症状が進行しひどくなると、出血や血便が出る場合もあります。原因としては、多くの場合ピロリ菌が原因であることが多く、胃酸の消化作用が働きすぎて胃の粘膜がただれ、胃の壁が傷ついた状態となり、悪化すると胃に穴があいてしまうこともあります。胃液と胃の内壁を守る粘液の分泌量のバランスが崩れることで起こります。かつてはストレスが原因と考えられていましたが、ストレスは一部で、ピロリ菌による影響が大きいと考えられています。

十二指腸潰瘍

胃潰瘍と同じように、みぞおちの痛み、胃もたれ、胸やけ、吐血、下血といった症状があります。重症化して粘膜に穴があいてしまうと、強烈な腹痛が起こります。原因としては、やはりピロリ菌が関係していると考えられています。またストレスや喫煙、そしてお薬などの影響によっても十二指腸の粘膜は胃酸を防御する機能が低下してしまうと考えられています。

胃がん

初期の段階での症状として、消化不良による胃の不快感、食後の膨満感などのお腹の不快感、食欲低下、胸焼けなどの症状が出る場合がありますが、ほとんどのケースで、症状が出ないことが多いです。そのため気づかないうちに、胃がんが進行してしまうケースがあります。初期段階で早期に胃がんを発見するには、定期的に胃がん検診、胃カメラ検査をすることが重要と言えます。

十二指腸がん

初期段階では症状がないケースがほとんどです。癌が進行して腫瘍が大きくなってくると食べ物がとおりにくくなり、お腹に痛みや膨満感、吐き気、嘔吐などの症状が出るケースがあります。十二指腸も胃の内視鏡検査により直接観察することが可能ですので、胃がんと同様に、定期的に胃カメラ検査をすることが重要と言えます。

胃ポリープ

胃の中に「いぼ」のように盛り上がった形状のものができる症状です。ポリープには種類があり、その種類・状況によって、そのまま放置したり、胃カメラ検診の際に切除してしまったり、悪性の場合は手術が必要になる場合もあります。胃炎にかかっている人が胃ポリープになりやすいと言われています。やはり胃カメラ検査を定期的に行うことが重要だと言えます。

胃・十二指腸の病気の検査

代表的な検査としては上部消化管内視鏡(胃カメラ)です。直接炎症している箇所の確認ができてポリープや潰瘍の有無もわかります。当院ではなるべく患者様の負担が少なくなるような検査をしています。

苦痛の少ない内視鏡検査・胃カメラ・大腸カメラ

胃・十二指腸に病気の治療

基本的に薬物療法が中心ではありますが、患部からの出血が認められた場合には内視鏡的止血術をします。薬物療法では胃酸や炎症を抑えるお薬の内服、ピロリ菌除去の薬を服用します。

胃・十二指腸の病気は再発することも多いので、ピロリ菌を除菌しておくことは再発を防ぐ有効な治療となります。また、精神的な要因や、飲酒、喫煙などの生活習慣から病気になる人が多いので、ストレスをためないようにすることや、日頃の生活習慣を見直すことも再発防止となります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME