メニュー

苦痛の少ない内視鏡検査・胃カメラ・大腸内視鏡

当院においての消化器内科(胃腸科)の検査はなるべく患者様の苦痛を減らすように対応させていただいております。事前に検査について把握することは患者様の不安を取り除くためにも大切なことです。当院でこれから受診をお考えの患者様はもちろん、消化器内科(胃腸科)の検査ってどんなものがあるの?と知りたい方のために当院で行う内視鏡検査に関して説明していきます。

上部消化管内視鏡(胃カメラ)

いわゆる一般に言われる「胃カメラ」です。
食道・胃・十二指腸を調べます。口から管を挿入する経口タイプと、鼻から管を通す経鼻タイプがありますが、当院には両方ございます。

検査の流れ

内視鏡検査を安全に行うために、採血、採尿、心電図検査などで全身状態や感染症の有無を把握することもございます。抗血栓薬を内服している方でも検査(観察)のみの場合にはお薬をやめる必要はございません。そのほか、降圧薬の服用などに関しましては主治医とご相談ください。通常は前日夕食後から検査終了後まで絶食となります。水などの水分摂取は構いません。

経口内視鏡
  1. 全処置室にて白い液体のガスコン(消泡剤)を飲みます。これはガスを排出させて見やすくするためです。

  2. 喉の表面麻酔であるキシロカイン、ビスカスを3〜5分間のどに溜めてゆっくりと飲み込みます。

  3. 検査室に移動します。ベルトを緩めて検査台の上に左側を下にした状態で横向きに寝ます。

  4. 必要に応じて、胃の運動を止めるための鎮痙剤や緊張を和らげるための鎮静剤を注射する場合もあります。

  5. マウスピースをくわえます。

  6. 内視鏡が口から挿入され検査開始です。

  7. 検査中は肩・首・のどの力を抜いて、唾液は飲み込まずに口から外に出します。ゲップはなるべく我慢しましょう。キシロカインスプレーで、のどの麻酔を追加することもあります。

    5〜10分程度で検査終了となります。
経鼻内視鏡
  1. 全処置室にて白い液体のガスコン(消泡剤)を飲みます。これは胃を綺麗にするためです。

  2. 鼻の通りを良くする薬(プリビナなど)を点鼻、噴霧します。

  3. 鼻の中をキシロカインにて麻酔します。

  4. キシロカインスプレー、ビスカスでのどの麻酔を追加することもあります。

  5. 検査室に移動します。ベルトを緩めて検査台の上に左側を下にした状態で横向きに寝ます。

  6. 内視鏡が鼻から挿入され検査開始です。とても細い管です。

  7. 検査中は肩・首・のどの力を抜いて、ゲップはなるべく我慢しましょう。

    5〜10分程度で検査終了となります。

下部消化管内視鏡(大腸内視鏡、大腸カメラ)

大腸を調べるための機器です。肛門から管を挿入します。大腸内視鏡検査では、大腸(結腸と直腸)と小腸の一部を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、これらの部位に発生したポリープやがん、炎症などを診断します。
 組織の一部を採って、より詳しく調べることもあります。(生検)ポリープや早期大腸がんを内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)や内視鏡的粘膜切除手術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などで切除することもできます。

検査の流れ

  1. 内視鏡検査を安全に行うために、採血、採尿、心電図検査などで全身状態や感染症の有無を把握することもございます。大腸内視鏡検査を行うには、大腸の中を空にしなければなりません。当院で検査をされる患者様は予約の際に渡される説明書に従って準備をしていただきます。下剤を自宅で服用していただく場合と、検査日に施設に行ってから服用していただく場合が
    あります。

  2. 検査前日の夕食は軽くし、当日の朝食は絶食です。午後の検査の場合は昼食も絶食です。排便状態が十分でない場合には下剤を追加服用したり、浣腸を追加するなどの処置をして腸が完全に空になった状態で検査室に移動します。

  3. 検査台の上に左側を下にした状態で横向きに寝ます。膝を抱えるような体勢をとります。

  4. 患者様によっては鎮静剤を投与することもございます。内視鏡を肛門から挿入します。

  5. 大腸をくまなく検査します。この時にポリープを切除したり組織の一部を切除したりすることがあります。20〜30分で検査は終了します。

※麻酔使わず。

内視鏡検査の注意事項

  1. 鎮痙剤・鎮静剤を使用した場合、その種類によっては検査後の車の運転は避けてください。

  2. 飲食・飲水は各施設で指示を受けて摂取してください。
    (通常検査終了後1時間後より、経鼻内視鏡では30分から1時間後より)

  3. 組織やポリープをとった患者様は当日の激しい運動は控えて、当日のお風呂も長風呂を避けてシャワー程度にしましょう。また刺激のある食べ物、飲酒、コーヒーなどは2〜3日は避けてください。
  4. 色素内視鏡検査(インジゴカルミンなど)を受けた方は便が青くなることがありますが心配いりません。

  5. 検査終了後、吐き気、腹痛、タール便(黒い便)が生じた場合には、すぐに担当施設に連絡をしてください。

  6. 最終検査結果は後日になりますので次回外来診察日を確認してください。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME