メニュー

食道の病気(食道がん・食道炎・逆流性食道炎など)

食道とは

食道とは、のどから胃の入り口までを繋ぐ管状になった臓器で、成人の場合長さはおよそ25㎝〜30㎝、太さはおよそ2㎝〜3㎝、厚さは4㎜ほどあります。食道の動きによって食べ物を食べた時にのどから胃へ送りだす働きをします。食道の終わりは胃に送り出された食べ物が逆流しないように締められています。食道自体には消化や吸収の作用はありません。この食道の部分におこる病気として食道がんや食道炎、逆流性食道炎などがあります。

食道の病気の症状

食道に病気があると胸がムカムカする、ゲップが多くなる、のどの違和感、食べ物がつかえる、のどや胸の痛み、などの症状が主にあげられます。これは食事をした時や食後におこることもありますが、普段の生活の時にでもおこることがあります。その場合はすぐに専門機関に受診をしましょう。

食道の病気の原因

食道がんにおいては、40歳以上の多量飲酒、喫煙歴がある人が多いと言われています。食道がんをはじめ逆流性食道炎など食道の病気は食の欧米化や加齢も関係しています。辛いものなど刺激物を好む、喫煙、飲酒が習慣になっている、油っぽいものが好きという人は特に注意が必要です。また、ストレスも大きな原因となりますので普段の食生活や生活習慣を見直すことも大切です。

食道の病気の検査

食道がんや逆流性食道炎かどうかの判断には上部内視鏡検査を使います。上部内視鏡検査によって食道の炎症具合や潰瘍の有無を確認します。また、細菌やウィルス性からおこる食道炎の場合にはまずその原因菌を特定するために、組織を一部切除して検査に回すこともあります。

苦痛の少ない内視鏡検査・胃カメラ・大腸カメラ

食道の病気の治療

検査によって食道がどのような状態になっているか判断し、それぞれの症状によって治療法がいくつかあります。逆流性食道炎の場合には胃酸の分泌を抑えるための薬を内服し、胃の粘膜を保護する薬を使ったり、いくつかのパターンを組み合わせてお薬の処方をします。食道がんの場合は進行しているステージによって、内視鏡的切除から化学放射線療法といったものまで進行具合で異なります。食道の病気を防ぐためにも日頃の生活習慣の見直しは非常に重要で、肥満にならないようにする、禁酒、禁煙を心がける、ストレスをためずに生活の質(QOL)を高めることは予防であり治療であるとも言えます。
また、食道の病気は進行していても自覚症状のないこともありますので、定期的な検診を受けて初期の段階で治療することも大切です。

当院では患者様とのコミュニケーションを大切にしておりますので、不安なことや検査、治療について詳しく知りたいなど、いつでもお気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME